FC2ブログ

勝負事日記

ゲームと映画の話題が中心のブログです。
検索フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-)

ハリー・ポッターと死の秘宝観ましたよ 

imaaaaaaages.jpg
ちょっとこのブログの過去記事を漁ってみたら、前作のレビューがあった。このサイトももう長い事やってるなぁ…w

前作でダンブルドアが死亡して、どんどん力を付けて行くヴォルデモートと闇の魔法使いのご一行。一方、残されたハリー達と不死鳥の騎士団は、先ずはキモであるハリーを安全な場所に隠そうとする。
んな感じで今回はスタートする訳だが、まぁ続き物だけあって、今回は本当に映画を見ている人しか分らない内容に。いや、映画だけしか見て無い人には辛くなってきてるかも。 オレとかw 何か今回色々新登場した名前が多いのよ。ルーナの親父とかはまだいいが、名前だけしか出てこないキャラとか覚えらんないって。
シナリオ的にはちょっと繋ぎ色が強すぎた?あんま話が進まないで、ジリジリした展開が長くてダレた。つかこの調子で本当にあと一本で終わるのかね?エマ・ワトソンが撮影終わってベリーショートにしてたんで、もうこれ以上の続編は無いと思ってるけどw

兎に角、今回の映画で大切なのは分霊箱と死の秘宝な訳だが、それに関しての説明が少なすぎると思うのよ。まぁでもザックリした感じでは分る。分霊箱見つけてぶっ壊せばヴォルデモートが死ぬと。後、ヴォルデモートはハリーと兄弟杖を使っているから殺せない。殺す為には違う杖が必要で、その為に死の秘宝を探していると。…こんな感じ?
因みに、シリーズを重ねるごとに出番の少なくなるマルフォイは、前作では結構重要な役回りだったのに、今回はまるっきり空気でしたw

やーしかし、皆歳とったよねぇ… ラドクリフのヒゲ濃いわw ルパート・グラントは相変わらずムキムキだし、エマ・ワトソンはもう立派に女性の体形だしね。ドレス似合うよ。
今、賢者の石を見ると、確かに3人とも小説のイメージぴったりだったんだけどね。まぁそれだけ歳月経ったって事か。
当たり前だけど、人間以外は歳とってないから、昔のままで懐かしかった。トビーとか銀行のゴブリンとか。

賢者の石と言えば、今回ロンがダンブルドアの遺産として貰ったライターは、賢者の石の冒頭でダンブルドアが使っていたヤツだよね。そういやあんときのダンブルドアやってたじいさん亡くなったんだけ?
次回につづく!的な終わりかただったんで、総合的な判断は来年7月の後篇観てから。…このブログがあればw



映画の初めに「よつばと!10巻」のCMが入った。漫画単行本のCMを、映画館で観たの初めてだわw

EDIT[2010/11/29 12:23] 映画Comment:0

パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT 

imapdges.jpg
久々に観た映画だったんだけど、面白かったです。

いやね、ムービックスの会員カード無くしちゃってさ。映画観たの「ハートロッカー」以来だよ。そんな事で、もー見る気って無くなっちゃうもんなんよw でもハリポタは観たかったんで、再発行して貰おうと思ったら「再発行は出来ません」って言われちゃった。超ショック。映画6回分位のポイント溜まってたんだがな…
まぁ無くした俺が悪いんで仕方が無いんだけど… でもこのカードって、発行時に500円取られるのよ?その上、住所の明記まで求められるのに、何の保証も無いってのは如何かと思うんだけど。ポイント貯めるだけなら、ミスドのカード並みに敷居低くしてほしい。

内容は前作と同じく、ハンディで使った感の映画。モキュメンタリーっての?で、前作では同棲カップルだったのが、お姉さんと弟って設定なってる。
いや日本人の役者って、絶対演技が過剰になる傾向があるんで、こーゆーのは向かないと思ったんだけど、この作品は良く出来てた。パンフ観たら「アドリブを多用した」って書いてあったから、会話のシーンとかは普通に喋ってるのに近いのかもね。
恐怖シーンも良かった。抑え目で。最初ちょっと茶化してる感じだったのも、対比として面白い。あと「お祓い」に来た人の胡散臭さが良く出てたのと、自称「霊能者」の女の子がリアルだった。何か「あーこんなヤツ居るなー」とか思ったもんw
最後の方は、前作とかなり違って悪霊憑きを前面に出してたんで、普通にホラーモノっぽかったよ。ここらは好き嫌い分れるかもだけど、オレ的にはアリでした。

気になった点としては、無造作に置いたハズのハンディが、何時もバッチリなアングルだったりとか、あんだけお祓いだのしているしで、二人とも「何か居る」事を肯定しているのに、それでもあの家に住んでるとか不思議。親父が如何とかってレベルじゃ無いと思うんだがw 前作では、かなり後半になるまで男の方が否定していたから、ソレが家から出無い事の理由づけになっていたんだけど、今回は其処らへんが薄かったなぁと。普通の神経してたら十字架燃えた辺りでもう、家に居られないと思うがねw ましてや其処で寝るとかあり得ないわ。
後、映画の冒頭で「映画の最後に、本編以降の映像があるんで、エンドロールで帰らないで下さい」みたいな説明文があったんだけど、何の事は無い「パラノーマル・アクティビティ2」の宣伝だった。


ま、日本映画のホラーとしては良くできていたんで、ホラー好きでハンディ映画に酔わない体質の人ならオススメ。高校生は1000円だそうだし。
EDIT[2010/11/24 11:55] 映画Comment:0

シャッター・アイランドを観ましたよ 

やせた?
面白かったのは面白かった…んだけど、思った程じゃなかった。んー期待しすぎだったか。孤島+凶悪犯罪者+隔離精神病院なんてオレの大好物なキーワードなんだけど、全体的に如何も消化不良な感じだった。途中で一寸ダレる展開も頂けない。

この映画、前宣伝とかでナゾ解き要素をウリにしてたんで、何時も洋画は字幕で観てるんだけど、今回は少しでもストーリーに集中できるように吹き替えで観ることにした。…が、冒頭のシーンでもう違和感バリバリ。いや声当ててる声優さんは上手いですよ。訳も上手いし、口パクにもしっかり尺合わせてるし。只、俺が吹き替えに慣れてないって事。こーゆーのって、一度気になっちゃうとダメなんだよねw

舞台は1954年アメリカ。犯罪者用精神病院にて失踪した女性患者の調査の為に訪れた連邦保安官テディ・ダニエルズ(ディカプリオ)が、事件を通して島の謎を解明する…って感じ。

ディカプリオは上手かった。この人こーゆー「一昔前」って時代の雰囲気には合うね。ディカプリオの演技で引っ張るシーンが多く、頑張ってる感じがしたよ。
マーク・ラファロは保安官ってぇよりギャングの構成員って感じw ベン・キングズレーはこんな感じの役合うね。この人は吹き替えも良かった。

で、結論から言うと…そんなナゾ解きって風では無かったよと。そんなイカれた犯罪者も出てこない。普通に字幕で観ときゃ良かったと思ったw
後は、映画の内容とは関係ないんだけど、あの頃を題材にした映画って、皆ガンガン煙草吸ってるよね。男も女も。今、アメリカは凄い禁煙社会だけど、この両極端さもアメリカっぽいかなーとか思った。なんとなく。

最後に、映画の冒頭でミスディレクションや目の錯覚の説明だがあったんだけど、そんなシーンが有ったのか分らんかった。

只、おばちゃんがコップ持ってなかったのは気づいたよ。

EDIT[2010/04/12 12:13] 映画Comment:0

ハート・ロッカーを観ましたよ 

防爆服が格好良い
あんま面白く無かったです。賞取ったって聞いてたから、期待しすぎてたのかもなーw

ストーリーはイラクを舞台としたアメリカ軍爆弾処理班「ブラボー隊」のお話。任期明け間近だってのに、隊長が爆弾で吹っ飛ばされ、新しい隊長が赴任して来て色々ある。
映画の本質は「テロと不毛な戦いをするアメリカ軍が、こんなに頑張ってんのよ!」ってストーリーなんだけど、ソレだと今のハリウッド受けはしないだろうから、アウトローっぽいキャラ付けも加味したって感じ。

あんま賞取ったとか気にしないで観る方が吉。政治色が如何こうとか言わず「最近の最前線ってどんなモンなんだろ?」って位の気持ちで観た方が良いと思う。
逆にバリバリの戦争モノ好きには、あんま目新しい武器とか出てこないから物足りなく思うかもね。

EDIT[2010/03/15 10:06] 映画Comment:0

パラノーマル・アクティビティと涼宮ハルヒの消失を観ましたよ 

2本とも面白かったです。

GFが太り気味なのが気になった
「パラノーマル・アクティビティ」
最近流行(?)のビデオカメラ映像の映画。しかも全編。だから手振れで酔っちゃう様な人にはオススメできない。つっても肝心なシーンはカメラを固定して撮影してるんで、そんなキツくは無かったけどね。
なんか最近アメリカのホラーも、只驚かすだけじゃ無く雰囲気で怖がらせるみたいな手法が多くなってきてる気がする。特にこの映画は秀逸。最初ガールフレンドの告白する霊症を、所謂「家鳴り」みたいな軋み音を過剰反応してるんじゃ無いか?程度にしか考えてないボーイフレンドが、次第に悪化してくるソレを、己も体験する事で色々態度が変わってくのが面白い。なんか反応がすっごい「ありそう」で良いんだよね。過剰さが無いの。霊能力者を呼んでも、ボーイフレンドの方はちゃかしてたりとかね。
最後の方は一寸出来すぎで白々しかったりもするんだけど、フェイク・ドキュメンタリーとしては、今まで見てきた物の中で一番の出来。是非映画館で見てほしい。音楽も文字も無い、只々真っ暗なエンドロールも面白かった。


もっと普通バージョン長門のシーンが多かったらよかったのに
「涼宮ハルヒの消失」
ハルヒシリーズに関してオレは、一期のTVシリーズを観た程度の知識しか持ってないんだけど、そんなオレでも楽しめましたよと。もっと原作読んでたりとかしてた方が、色々補完されてて良いのかもね。やっぱこのシリーズ、主役はキョンなんだなぁ…と再認識した作品でした。
後一つ気になったんだけど、作中で出てきた部室のパソコンのOSが、ウィンドウズ95だったんだけど、ハルヒってそこら辺の時代の話なんかね?



因みに地元のシネコン、今「ハルヒ」「なのは」「Fate」と、アニメ作品3本やってるんだが、偏りすぎでないかね?
EDIT[2010/02/13 13:44] 映画Comment:0
FC2カウンター
プロフィール

KINGBOMBER

Author:KINGBOMBER

カテゴリ
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。